【エンタがビタミン♪】元ぽっちゃり子役の細山くん、インターナショナルスクール時代の壮絶なイジメ体験を告白。

芸能人は自分の子どもを、インターナショナルスクールへ通わせているケースも多いようだ。選択理由のひとつに、“イジメが少ないようだから”と挙げていたのを聞いたことがある。だが“ぽっちゃり子役”として人気のあった細山貴嶺(17)は、そのインターナショナルスクールで壮絶なイジメに遭っていたことをテレビ番組で告白した。

3月9日放送の『爆報!THE フライデー』(TBS系)に出演した細山は、小学生時代に母親の方針でインターナショナルスクールに通っていたことから話し始めた。

2歳の頃から子役スクールに入っていたという細山。ブレイクのきっかけは9歳の時に出演した、子ども向けのバラエティ番組である。生意気なお坊ちゃまキャラで人気者になり、それから数々のバラエティ番組に出演するようになっていく。当時のレギュラー番組は5本もあったという。

細山が小学3年生の時に両親が離婚。母親に引き取られた彼は“様々な国の文化にふれて欲しい”という教育方針のもと、数校のインターナショナルスクールを渡り歩いたそうだ。当時の彼はほとんど英語が理解できていなかった。しかしその頃にはテレビで人気者だった細山は、日本人以外の生徒にも名前が知られていた。

“太った体型で英語がわからない”ことで細山は、インターナショナルスクールで壮絶なイジメに遭っていたのだ。「豚のくせに学校へ来れるんだな。」、「こんな簡単な英語もわからないのかよ。」後になって浴びせられた言葉の内容が理解できたが、当時は何を言われているのか伝わってこなかった。だが“罵られていること”だけは分っていた。授業も日本語の授業以外の科目は全て英語。成績も良くなかったらしい。言葉のイジメばかりでない、テストの時に鉛筆の芯が全て折られていたり、宿題を提出しても細山の分だけゴミ箱に捨てられたりしていた。そのため彼は、事情を知らない教師から叱責されることも度々だったという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年3月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら