【アジア発!Breaking News】機関長不在のまま出港した船が沈没。6人が死亡、2人が行方不明。(台湾)

台湾基隆港から東北に約5海里(約9キロ)の海上で19日、砂利や石材を専門に運ぶガット船「海翔8号」が転覆する事故が発生し、乗組員15人のうち6人が死亡、船長と乗組員1人の行方がわからなくなっている。

基隆海上保安隊員によれば、19日未明、台湾北部の基隆港を出て東部の花蓮港へ向かった「海翔8号」は、出港後まもなく傾き、ゆっくりと沈んでいったという。

救助された乗組員は、「事故発生当時、海上の波は低く船は時速5ノットのスピードを維持していた。なぜ沈没したのかわからない」と話した。

事故の原因については現在調査中だが、交通部航港局北部航務センターは、船に積んでいた砂などが雨水によって泥状になり、さらに強風を受けたために「自由界面」効果を作り出し、船体の傾斜に拍車をかけたのではないかとみている。

また、この船に乗るはずだった機関長は、体調不良で一時帰宅したために難を逃れた。機関長は出港前の海上保安隊員による人数確認後、体調が悪くなり家に戻って休むことにしたという。しかし、薬を飲んだためにぐっすり眠ってしまい、船の出航に間に合わなかったと話している。一時帰宅することは船長に報告していなかったそうだ。

交通部航港局北部航務センターは、機関長の不在と船の事故には直接的な関係はないとみているが、機関長不在にもかかわらず出航したことは、交通部が定める「航行船舶船員最低安全配置標準」に反するとし、船主には6万元から30万元の罰金が科せられるという。

事故の原因だけでなく、船長が機関長の不在を知っていたかどうかも重要なポイントになっているが、現在船長の行方は依然としてわかっていない。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年3月20日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。