【イタすぎるセレブ達】ニコール・リッチーの夫が執念の告白。「カミさんはオレのプロポーズを10回も蹴った。でも…。」

【イタすぎるセレブ達】ニコール・リッチーの夫が執念の告白。「カミさんはオレのプロポーズを10回も蹴った。でも…。」
ニコール・リッチー&ジョエル・マッデン夫妻、今では幸せそのものといった雰囲気だが…。
幼い2人の子の育児とファッション・ビジネスに専念し、レッドカーペットにほとんど登場しなくなっているものの、相変わらずハリウッドのおしゃれアイコンとして愛されているニコール・リッチー(30)。この写真は9日にサンタモニカのビーチでキャッチされた、愛するファミリーと一緒のニコールだが…!?

「オレたち子供を産み育てているっていうのに、結婚するまでずいぶん時間がかかったんだ。ニコールを説き伏せるのに、オレは本当に苦労したよ。」

最近そのようにラジオインタビューで語ったのは、彼女の夫でパンクバンド「グッド・シャーロット」のリードボーカルを務めるジョエル・マッデン(33)。彼はライオネル・リッチーの養子としてビバリーヒルズの豪邸で育ったお嬢様セレブ、ニコール・リッチーと2010年2月に婚約を発表し、同年12月に結婚式を挙げ、今はこの写真の通り本当に幸せにやっている。

ご存じの通り、カップルにはそうした儀式より先に2人の幼い子に恵まれていた。08年1月には長女ハーロウちゃんが、そして09年9月には長男スパロウ君が誕生。ジョエルは「きちんと結婚式を挙げ、正式な夫婦となって家庭を守りたい」と強く願ったが、チャランポランな結婚と離婚を繰り返すハリウッドセレブを多数見て来たニコールが、「どうせ失敗するから」と頑なに結婚を拒んでいたのは有名な話であった。

その頃を思い出しながら、ジョエルはそのインタビューで「とにかくカミさんには拒絶されっぱなしだった。プロポーズなんて10回も蹴られたんだよ。皆もそんなにヒドかったとは知らないだろう?」と苦笑交じりにこぼしてみせた。とにかく子供たちのためにもきちんとさせたいという気持ちで、拒絶されても断られてもめげず、火曜日は1週間おきにニコールにプロポーズすると決めていたそうだ。執念、情熱、もう言葉は何でもよい。やはり女性はひたむきな愛情を示してくるオトコに弱いものである。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年4月14日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。