【EU発!Breaking News】芸術作品?それとも単なるラクガキ?芸術見本市で行われた興味深い試みとは。(独)

一見何をテーマとしているのか理解できない、ラクガキのような絵画やガラクタのようなオブジェが、不思議なほど高額で取引される―現代芸術の世界でよく目にする光景である。そんな状況に一石を投じるかのような興味深い試みが、ドイツの大衆紙『Bild』の編集者によって、ケルンで開催されていた国際芸術見本市で行われた。

今月18日から22日までケルンで開催されていた国際芸術見本市『Art Cologne』。200もの画廊やディーラー、そして芸術家が参加し、期間中訪れた人の数は約6万人、そして展示されていた作品の価格は最低でも1000ユーロ(約10万6000円)はするというから、その盛況ぶりをうかがい知ることができる。

この見本市で『Bild』の編集者が行ったのは、自分が作成した“作品”を見本市の空きスペースに展示し、それに対する観客の反応、そして一体どれほどの価値が提示されるかを観察するというものであった。といってもこの“作品”、60センチ×80センチのキャンバスにアクリル絵の具で『Das ist KUNST(これは芸術である)』と書かれただけのもの。これを架けたイーゼルを2件の画廊ブース間にあるわずかなスペースに設置していたのだが、一体どのような反応があったのだろうか?

全ての観客とはいかないものの、立ち止まってじっくり眺める人、議論を始める人、写真を撮影する人など、この“作品”に興味を感じた人はそれなりにいたようだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年4月24日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。