【アフリカ発!Breaking News】「流産を隠すため」。ソーシャルワーカーを装い生後3週間の赤ん坊を誘拐した女。(南ア)

4月24日、生後3週間の赤ちゃんがソーシャルワーカーを装った女にさらわれた。ホームアフェアーズという、いわゆる市役所のような場所でのことだった。

ソーシャルワーカーを装った女は、母親(16歳)の家に行き、「生後3週間の赤ちゃんの児童手当を申請しよう」とホームアフェアーズへ連れて行った。ホームアフェアーズへ到着した2人と赤ちゃんだったが、女は16歳の母親に「児童手当をもらうには出生証明書が必要だ。出生証明書を取り寄せるために、子供の病院受診カードを家から持ってこないといけない」と言い出した。赤ちゃんはちゃんと見ているからと女に言われ、タクシー代を渡された母親は言われるままに1人自宅へと戻った。

その後、病院の受診カードを持ってホームアフェアーズへ戻ってきた母親は、そこで女と赤ちゃんがいないことに気付き、警察へ飛び込んだ。警察は、はじめにホームアフェアーズの監視カメラで女を特定しようとしたが、なんと全ての監視カメラが故障中で作動していなかった。仕方なく、女が利用していた携帯電話からその行方を追った。さらに住所を突き止めたが、そこには女の夫しかいなかった。夫の話によると、「(妻は)妊娠していたが、出産のため実家近くの病院へ行っている。今日赤ちゃんを連れて戻ってくる」とのことだった。

警察が女の実家へ行くと、タンスの奥に隠れている女を発見。女は赤ちゃんをしっかりと抱えていた。逮捕された女は、自分が流産したこと、流産を知らない夫が赤ちゃんを見たがっていたので仕方なく誘拐したことを自供した。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年4月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。