【アフリカ発!Breaking News】違法に国外に持ち出されたコイサン族の遺体。103年ぶりに故郷へ。いまだ150体以上がウィーンに保存か?(南ア)

南アフリカのコサイン族のカップルとみられる遺体が103年ぶりに故郷の土を踏むこととなった。ふたりの遺体は人種的科学を研究し、後のナチスの人種政策に影響を与えた人類学者の関係者の手によって1909年にオーストリアに違法に運ばれていたのだ。

4月20日、南アフリカの国旗が被せられた二つの小さな木製棺がルフトハンザ航空で南アフリカのORタンボ国際空港に到着した。実に103年ぶりの帰国となった。この棺の主は南アフリカの北ケープ州に住んでいたコイサン族のカップルで、103年前に彼らの死後、その遺体はオーストリアに違法に運ばれていた。

103年前、北ケープ州の農場に「農場労働者」として住んでいたカップルは、マラリア熱で死亡、農場に埋められていた。そこへある男性が訪れ、遺体を海外へ移送したいと言ってきた。この男性は、ルドルフ・ポッシュという有名なオーストリアの人類学者かつ民族科学者のもとで働いている人物だった。彼らは当時サン族の民族を研究しており、後のナチスの人種政策に繋がる人種思想の科学的証明をしようとしていたと言われている。カップルの遺体は掘り起こされ、樽に詰め、塩で満たすとオーストリアへ船で移送された。

コイサンカップルの遺体が秘密裏に運ばれたことが発覚したのは、はるか時を経て1990年代後半のことだ。南アフリカの歴史学教授2人がオーストリアを訪れた際、ウィーン自然史博物館でカップルの遺体の一部が展示されていたのを発見したのだ。体全てがきちんと保存されていたのは、少なくとも1961年までのようだと教授らは述べている。南アフリカのあるグループは、コイサンカップルの遺体を南アフリカへ戻すよう博物館と論争を始めた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年4月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。