【イタすぎるセレブ達】ガガの衝撃インタビューが話題に。「孤独だったわ。“友達”はコカインだった」。

【イタすぎるセレブ達】ガガの衝撃インタビューが話題に。「孤独だったわ。“友達”はコカインだった」。
拡大する(全1枚)
暗い青春時代を語ったレディー・ガガ
(暗い青春時代を経て開花したガガ)

今や世界のトップスターとして君臨する歌手レディー・ガガ(26)にも、我々の想像を超える暗い青春時代があったようだ。

「高校時代の私は常に嘔吐していたの。」

高校時代に患った摂食障害についてそう告白して間も無いレディー・ガガは、それ以外にも非常に大きな問題を抱えていたようだ。昨年秋に収録されたという『The Conversation with Amanda de Cadenet』でのインタビューが公開されたばかりなのだが、そこでガガは以下のような発言をしている。

「19歳の頃は、すごく落ち込みが激しくてね。音楽をやることにして、学校は中退。両親にも、もうお金は要らないって宣言したの。」
「毎日アパートに戻って、ただポツンと座っていた。孤独だったわ。何も動かないって感じ。あるのはピアノと私だけ。誰かが居るように感じたくて、いつもテレビをつけっぱなしにしていたわ。」
「ドラッグが私の友達。そんな感じだったわね。他の誰かとドラッグをやったことはないわ。虚しい気持ちを癒す方法にしては、酷いものだった。だって(ドラッグ使用をしても)もっと虚しくなるだけだったから。」

そんなガガはある朝目が覚め、急に自分自身に嫌気がさしたようだ。

「“アンタは大バカよ。アーティストなんかじゃない。だって真のアーティストなら音楽に集中しているべき。そんな白い悪魔(=コカイン)なんかにお金を費やしたりはしないはず”そう気づいたの。」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

レディー・ガガのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「レディー・ガガ」に関する記事

「レディー・ガガ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レディー・ガガ」の記事

次に読みたい「レディー・ガガ」の記事をもっと見る

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク