『アメイジング・スパイダーマン』の女優エマ・ストーン、「8歳の身に起きた異変で孤独な少女時代だった」と激白。

『アメイジング・スパイダーマン』の女優エマ・ストーン、「8歳の身に起きた異変で孤独な少女時代だった」と激白。
『アメイジング・スパイダーマン』で交際をスタートさせた、主演のアンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーン。
主演の男女が公私にわたってラブラブということもあり、日本でも今月30日に全国で劇場公開となる、『アメイジング・スパイダーマン』が俄然注目を集めている。その女優エマ・ストーンが…。

『ゾンビランド』でブレークした、猫のような瞳を持つコケティッシュな女優エマ・ストーン(23)。現在は『アメイジング・スパイダーマン』のプロモーションの真っ最中である。このほどファッション誌『VOGUE』7月号の表紙を飾り、その特集インタビューに応じたが、彼女はそこで幼少期に味わった深刻な苦悩を激白した。

「私はひどく孤独な少女時代を過ごしたの。8歳の頃からパニック障害を起こすようになって、そのため全く身動きが取れない子供になってしまった。こんなんじゃ友達の家にも行きたくない、一緒にどこか遊びに出かける気にもなれないと言ってね。誰にもその苦しみは理解してもらえなかったし。」

また1年ほど前には『ELLE』誌とのインタビューで、「11歳になるまで親指をしゃぶっていたから歯並びが広がりがちで、しばらくブレイスを装着していたの。ちょっとギークな子供だった」とも語っていたエマ。一番友達が欲しい頃に、その付き合いがスムーズに行かなくなるような理由を複数抱えていたことが分かる。

もっとも現在は、『アメイジング…』で主人公“ピーター”を演じたアンドリュー・ガーフィールド(28)と超ラブラブ。来日して13日に六本木で行われたワールドプレミアをはじめ、始終ベッタリと行動を共にしていた。エマは、不安に満ちた少女時代に、将来まさかスパイダーマンに変身する勇敢な男子と恋に落ちることになるとは想像もつかなかったと笑う。2人の交際は約1年。今の彼女にとって、アンドリューほど心強い存在は他にいないようだ。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年6月24日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。