「モテないのは父のせい?」。しょこたんが亡き父・中川勝彦の不思議な存在を感じる日々。

タレントの中川翔子しょこたん)がマルチタレントとして音楽でも活躍した父親・中川勝彦の気配を感じる出来事があるという。父親は病の為に32歳で亡くなっているのだが、彼女はブログで最近起こった気になる事について明かしているのだ。

ミュージシャン、DECO*27の3rdアルバム『ラブカレンダー』が7月25日にリリースされるが、その中の「甘宿り feat. 中川翔子」ではしょこたんがコラボしている。そんな縁からしょこたんはDECO*27の所属会社の社長からあるCDをもらうこととなった。

7月13日の『しょこたんぶろぐ』でその件に触れているが、CDとは彼女の亡き父親、中川勝彦がプロデュースしたユニット“10th st2nd”(テンス・ストリートセカンド)のアルバム『CRACK SICK』だったのだ。1991年7月21日に発売されているので、その3年後に父は亡くなったことになる。

アルバムの内容は当事流行したハウス・ミュージックでチャイコフスキーやリストなどクラシックをベースにした軽くてオシャレなサウンドだ。「そんなことしていたのか勝彦よ!!」と父親の作品に出会ったしょこたんは感激していた。

彼女は「江原さんや、みえるひといろんな方から“お父さんがすごく一緒にいるから縁がつながったりしていく”といっぱいいわれました」と明かしており今回のアルバムとの出会いにもそんな父親の存在を感じたのだ。

スピリチュアリストの
編集部おすすめ

当時の記事を読む

中川勝彦のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク