「宗教上の理由から」。黒人と同じトイレを使用しない警察官に非難殺到。(南ア)

敬虔なイスラム教徒は様々な戒律を守らなければならない。服装、食事だけでなくお祈りの時間、賭け事の禁止など細かい戒律があり、周囲もそれを尊重するべきであろう。しかし、南アフリカ人でもこれは?と思うような戒律を主張する警察官がいた。

7月11日、ヨハネスブルグ近郊のイーストランドにある警察署に勤務する警察官が、宗教上の理由から黒人と同じトイレを使用できないと主張した。

この警察官は「宗教上の理由」から身障者用のトイレを使用しているという。「私はイスラム教徒なのだから、周りの人は私の宗教を理解する必要がある」と主張するこの警察官は小便でも便器に座って用を足し、掃除をしていない不衛生なトイレは使用しないという。彼はさらに「黒人と同じトイレを使用しない」という発言をした。現在、この警察官とトイレを共有するのは警察署長と二人の白人警察官だけである。

南アフリカイスラム評議会によると、ムスリム経典には「人種、宗教、文化などでトイレを共有しないこと」というルールは『ない』とし、おそらくこの男性は(大でも小でも)便座を使用しなければならないので衛生上の問題からそう言っているのだろうとの見解を示している。

しかし、南アフリカ警察組合は、「黒人とトイレを共有することがなぜ衛生上の問題なのか? アパルトヘイトは終わった。人種や性別による差別はもう許されないことだ」とし、この警察官を非難する声明を発表している。
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年7月17日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。