リゾート地の市長、“都合の悪い天気予報”に訴訟の構えを見せる。(ベルギー)

『夏らしい天気はたったの2週間しか続かず、その他は全て雨の降る寒い日である。』 かき入れ時である休暇シーズンの天気をこのように予報されてしまった、ベルギーのリゾート地であるクノック=ヘイストの市長が、天気を予報し報道した民間気象情報サービス会社と新聞社に対し、損害賠償を請求する構えであることが話題となっている。

事の発端は、今月初めにベルギーの民間気象情報サービス会社のMeteo Belgique社が発表した天気予報である。「クノック=ヘイストを含むベルギーの北海沿岸地域は、7月中は雨の降る寒い日が続き、終盤には雷雨が発生、さらに8月に入っても夏らしい天気の日は2週間ほどしかなく、その他は強風や降雨の日が続く」と予報したことだ。

そしてこの天気予報を、同じベルギーの新聞社であるHet Laatste Nieuws社が記事として掲載したのだが、これらの予報と記事に対し、クノック=ヘイストのレオポルド・リッペンス市長が激怒し、Meteo Belgique社とHet Laatste Nieuws社に対し損害賠償を請求するつもりであることを表明した。

クノック=ヘイストは海岸沿いのリゾート地として有名であるため、天気の良し悪しが観光客の増減に影響するのは避けられないことである。特に7月から8月にかけてヨーロッパは休暇のシーズンに突入するため、この時期に客足が遠のくことは、観光で成り立つ市の産業にダメージを与えることになりかねない。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年7月29日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。