“男性”のスカート着用もOK。オックスフォード大学、性別によるドレスコードの規則改正を決議。(英)

世界の最高学府のひとつ、イギリスのオックスフォード大学には『サブファスク』として知られるフォーマルな場所あるいは試験時に義務づけられた独自のドレスコードが存在している。これは男性は黒のスーツ、白いシャツと蝶ネクタイ、黒の靴下と靴、女性は黒のスカートあるいはパンツ、白いブラウスと黒いリボン、黒いストッキングそして靴を着用し、その上からガウンを羽織るというものであるが、最近大学側はジェンダーフリーの一環として、性別によって定められたサブファスクの相違に関する規則を改正することを発表した。

この規則改正はオックスフォード大学の学生連合によって長い間要請されていたことであるが、大学側もこのほどそれを受理、8月4日から新たな規則が採用されることとなった。これによりオックスフォード大学の“男子”学生が着用するスカートやストッキング、“女子”学生着用のスーツも、サブファスクとして正式に認められることとなる。

同大学のレズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ジェンダークィア(LGBTQ)協会役員であるJess Pumphrey氏は、この規則改正によって、多くのトランスジェンダーの学生たちがただでさえプレッシャーのかかる試験時に、自分の意に沿わない服装をすることで更に増加していたストレスから開放されることになると話す。

また同協会会長のSimone Webb氏も、この規則改正は非常に前向きなものであると賞賛。Webb氏は同時に、この先サブファスクの様子はトランスジェンダーの学生たちによってこれまでと違ったものになるかもしれないが、これはオックスフォード大学のサブファスクの伝統が損なわれたという意味にはならないと話している。
(TechinsightJapan編集部 椎名智深)
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年8月1日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。