「撮影現場での不倫なんてなかった!」イタリア人映画制作者がクリステン・スチュワートを擁護。

「撮影現場での不倫なんてなかった!」イタリア人映画制作者がクリステン・スチュワートを擁護。
ようやく“味方”も登場したクリステン・スチュワート
女優クリステン・スチュワート(22)と映画『スノーホワイト』のルパート・サンダース監督(41)の不倫キス騒動で、俳優ロバート・パティンソン(26)を愛してやまない世界中の『トワイライト』ファンは激怒。無数の敵ができたことに大変なショックを受けているはずのクリステンだが、そんな彼女を擁護する大物がついに登場した。

撮影現場で不倫なんて無かったんだ。嘘を記事にするのは止めろ。」

月曜日にそうツイートしたのはイタリア人映画制作者ジョヴァンニ・アニェリ氏(Giovanni Agnelli)であった。アニェリ氏は2010年にクリステン・スチュワートが出演した映画『ロストガール(原題:Welcome to the Rileys)』の制作者。すっかり親しくなり今ではクリステンのことを“妹のように思っている”という同氏は、このたびの不倫キス報道に激怒し以下のようにツイートして彼女を擁護している。

「この俺に憎しみの言葉をツイートする前に、クリステンが俺にとって妹のような存在であることを知ってほしい。」
「俺はクリステンのことが大好きだ。これからも常に守っていく。それが気に入らないって? そりゃ残念なこった。」

また同棲解消が報じられるクリステンとロバート・パティンソンについては「まず今回の件を乗り越えなくちゃね。2人に愛と、傷を癒やすべく時間を」と記し、報道合戦を繰り広げているタブロイド紙に対しては「黙りやがれ」とツイートし怒りと敵意をあらわにしている。また明言は避けているもののアニェリ氏はクリステンの居場所を知っておりコンタクトもとっているらしく、次のようにも綴っている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ニコール・キッドマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ニコール・キッドマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドリュー・バリモア」のニュース

次に読みたい関連記事「ドリュー・バリモア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェニファー・アニストン」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・アニストン」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年8月1日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。