スティーヴン・タイラー、今だから語る。「アメアイ審査員の仕事は性分に合わなかった」。

おおいに迷ったジェニファー・ロペスとは異なり、『アメリカン・アイドル』の審査員席にはもう座らないとあっさり降板を申し出ていたのが、ロックンローラーのスティーヴン・タイラー。彼が辞めた本当の理由は何なのか。

すでに孫もいる64歳のスティーヴン・タイラー。ステージやバスルームで転倒して大怪我をするようになっており、そろそろ体に無理が利かなくなっているということか。いや、「エアロスミス」が今年11月に新アルバム『Music from Another Dimension』をリリースし、そのプロモーションツアーも予想されるため、バンドの音楽活動に全力投球をしたいと本人は言っていた。

だが本当にそれだけであろうか。10、11と2つのシーズンにわたり審査員席にいたタイラーについて、番組のファンからは「あまり楽しそうに見えない」との声も出ていた。彼はこのほど『Rolling Stone』誌とのインタビューに応じたが、ついにその本音が出てしまったようだ。

「うーん、好きだと思えるような仕事じゃなかったな、確かに。ジャッジはとにかく大変なんだけれど、それを7時間をやった後でスタジオに行き、「エアロスミス」のアルバムレコーディングが8時間。こういう毎日を送っていたんだ。」

番組の総指揮官は、おおいにクセのある音楽プロデューサーのサイモン・コーウェル。最高の実力者だが、やたらと注文が多く部下にプレッシャーをかけまくることで有名だ。タイラーも、彼に関して不愉快な思いをしたことは一度や二度では済まないだろう。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク