もはや誰だか分からない! すっかり老けてしまったこの俳優は誰?

この人の良さそうな笑顔が印象的な初老の男性をみて、誰だか分かる人はおられるだろうか? 80年代に世界中で大ヒットしたドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』に主演したアノ人、といえばピンとくる…?

そう、この俳優の名前はドン・ジョンソン。1984年にスタートし世界中で大ヒットしたドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』で“ソニー・クロケット”を演じ、女性たちのハートを鷲づかみにしたアノ方である。当時の人気たるやすさまじく、まさにハリウッドナンバーワンのイケメン俳優として世界中のファンを魅了していたのだ。

そして時は流れ、62歳になったドン・ジョンソンはこのように素敵な初老のオジサマへと変貌を遂げていた。現在もジョンソンはバリバリの現役俳優として活躍しており、クエンティン・タランティーノ監督の話題作『ジャンゴ 繋がれざる者(原題:Django Unchained)』にも出演、“スペンサー・ゴードン・ベネット”を熱演している。巨匠タランティーノ監督とはウマが合うというジョンソンは「クエンティンと俺は何年も一緒に仕事しようぜって話してるんだ」などと明かし、今後もジョンソンの活躍を期待するファンを喜ばせている。

かつて女優メラニー・グリフィスと結婚していたこともあるジョンソンは、1999年にサンフランシスコのソーシャライトという元プリスクール教諭と結婚。末っ子はまだわずか6歳というから、まだまだ老け込むわけにはいかない。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク