元UFC格闘家ジェイソン・メイヘム・ミラー逮捕。窃盗目的で教会荒らしの上全裸に。

       
総合格闘技「UFC」では“狂乱のサイコスター”と呼ばれた、ジェイソン・メイヘム・ミラー(31)。彼がこのほど教会を荒らして逮捕された。

メイヘムは13日朝9時頃、カリフォルニア州オレンジ・カウンティの「ミッション・ヒルズ教会」に押し入り、消火器を噴射。通報を受け保安官が駆けつけると、教会の窓ガラスは割られ、絵や音楽CD、本などが散乱し、床は一面白い粉だらけ。さらに大量の消火器噴射が教会の2階で確認され、メイヘムはカウチソファに座って裸になっていたそうだ。

芸能情報サイト『TMZ.com』が報じているところによれば、不法侵入・器物破損の容疑はもちろんだが侵入の目的が窃盗であった可能性が極めて高く、警察による取り調べが今も続いている。2万ドルの保釈金が設定されたというが、保釈は専門家による精神鑑定の結果次第とみられている。

メイヘムは、格闘家に挑戦して賞金をゲットしようというMTVのリアリティ番組『Bully Beatdown』のホストを務めており、この番組にも迷惑をかけることは必至。マイクを握れば日本語で話すなど日本でのファンサービスは好評であったが、昨年にはパーティ中に実の妹にヘッドロックを仕掛けて逮捕されるなど、トラブルメーカーであることから「UFC」の代表ダナ・ホワイト氏と敵対関係に陥り、今年5月ついに「クビ」を言い渡されていた。

しかしメイヘムはその後、「オレの正式な引退を決める権利がオマエにあってたまるか。オレは平和と正義のために闘う戦士であり続ける」とツイート。ホワイト氏への恨みが消えない様子には「いい加減大人気ない」という意見も出ていた。破天荒な振る舞いは、世間に迷惑をかけない条件であくまでも現役のファイターにのみ許されるもの。彼は今回の事件で、人としても失脚を遂げた感が否めない。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年8月15日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。