「学校で習ったことを近所の人にされている」。授業で自分が性的虐待されていると知った少女。(南ア)

少女にはそれが性的な虐待であることがわからなかった。しかし、学校の授業で初めて知ったことから教師に報告し、虐待をしていた男は逮捕された。この事件は性的虐待の氷山の一角ともいえる。教育の大切さを思い知る事件である。

8月14日、ヨハネスブルグに住む12歳の少女が学校のライフ・オリエンテーション、いわゆる生活指導の授業を受けていた。その授業で、教師は生徒に対して「虐待とは何か」ということについて話し、体の局部を誰にも触らせてはいけないと教えた。

授業が終わった後、少女は教師の元へ行くと「近所の男の人が自分の局部を触っている」と報告した。教師は直ちに少女の母親に連絡、母親は少女を病院へと連れて行き、少女が実際に性的虐待を受けていることが判明した。近所に住む男はすぐに逮捕された。母親は事情を知らなかったため「教師に感謝している」とコメントしている。また男が逮捕された後、他にも被害者がいる可能性を考慮して、逮捕した男の娘を含む4人の少女を病院で検査させている。

ケープタウン児童福祉施設によると、今年の7月時点で西ケープ州だけで2万人、南アフリカ全土では10万人以上の子供が施設に保護されているそうだ。その理由として、親・親族・周囲の人からの心理的・肉体的・性的虐待、親の麻薬中毒による育児放棄などが挙げられている。
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年8月16日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。