ちなみにスコット監督がビンセント・トーマス橋から飛び降りた後、警察が「誰かが橋から飛び降りた!」との通報を受けたのは午後12時半頃。目撃者らの証言によると、スコット監督は橋の上で愛車から降り、高いフェンスをよじ登るなり、なんのためらいもなく橋から飛び降りたという。残された車の中には連絡先を記したメモがあったというが、一部情報によるとそのメモには“遺書はオフィスにある”とも書かれていたという。

何がスコット監督をそこまで追い詰めたのか。今後新たな情報が入り次第、追ってお伝えする予定である。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)