「アパルトヘイト以降、最悪の虐殺」。ストライキで警察発砲。34名が死亡。(南ア)

南アフリカのノースウエスト州にあるプラチナ鉱山で、8月16日、ストライキをしていた労働者に警察官らが実弾を発射、死者34名という惨事が起こった。アパルトヘイト以降最悪の「虐殺」と言われている今回のストライキ、これをある番組では様々なカメラで検証している。

南アフリカのテレビ・新聞は先週からこの事件で持ちきりである。アパルトヘイト以降最悪の「虐殺」、暴動による死亡者は南アフリカ史上3番目と言われている今回の発砲事件。南アフリカのチャンネル「eNEWS」のカメラクルーは現場におり、発砲の一部始終を撮影していた。eNEWSのほかに、「アイ・ウィットネス」「ロイター」がほぼ同じ角度から撮影、どの画面でも最初に2発の発砲音が聞こえた直後に車の陰から出てきた労働者らに警察が銃を15秒ほど乱射している。

しかし、これを少し離れた違う角度から撮影していたクルーがあった。「アルジャジーラ」である。このカメラには警察に向かってピストルを2発撃っている1人の労働者が映っていた。警察官が銃を発砲したのは、この男性の銃の発砲音からだったと判明した。

労働者の賃金は低く、月約4000ランド(約38000円)。ストライキ参加の労働者はおよそ3000人、この殺戮の前にはストライキを鎮めようとやってきた警察官1人が労働者に殴り殺されていることから、警察トップは実弾の使用を認め、警察官らの緊張は高まっていた。

警察庁所長は「我々の行為は間違っていない。命を落とされた人々については遺憾に思うが、現場の警察官は使命を果たしただけ」と述べている。ズマ大統領は今週一週間を亡くなった方への追悼の意を表する週にすると述べている。
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年8月22日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。