温泉の水温が急上昇。立ち入り禁止を無視して入浴した男性が火傷し死亡。(台湾)

新北市にある萬里郷は金山温泉で知られる温泉地だが、この度温泉に浸かった男性が全身に火傷を負って死亡する事故が発生した。温泉はここ1ヶ月、突然水温が上昇したため封鎖されていた。

東森新聞が報じたところでは、事故があったのは、萬里郷加投路にある温泉浴場。23日早朝、付近に住む男性が浴場に侵入し、温泉に入った。警察の調べによれば、当時男性は酒を飲んでいたとみられている。男性は熱さのあまりすぐに湯船を飛び出したが、全身にII度の火傷を負って倒れた。発見された時には呼吸はなく、病院へ運ばれたが死亡したということだ。

この温泉浴場は、以前は24時間一般に開放されていたが、もともと40度だった水温が突然80度に上昇したため、安全のため木板で囲いをし、水温異常のため一時封鎖の看板も設置されていた。

区役所では、天然温泉の水温がなぜ突然上昇したのか、すでに専門家に調査を依頼しているが、まだ結果は出ていないということだ。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年8月24日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。