26歳女、自分をレイプし妊娠させた35歳男を銃殺、その首を切り落とす。(トルコ)

トルコ南西部の村で、何ヶ月にも渡り1人の男にレイプされ続け、挙句の果てに妊娠させられた26歳の女が、相手の男を銃で殺害し、その首を切り落とすという事件が発生した。

ドイツのBild紙によるとこの事件は、数ヶ月前のある日の夜、ウスパルタ県にある村Yalvacに住むこの女の元に、35歳の男が突然侵入し、武器で彼女を脅してレイプしたことに端を発する。

女の夫は当時外国で働いており、女は2人の子供とともに夫が留守中の家を守っていた。レイプ犯の男はそうした状況を知っていた上で、女を襲ったものと見られている。

この男はその後も、誰かにこのことを話したら彼女の裸の写真を周囲にばらまくと女を脅し、週に1度やって来てはレイプするということを繰り返していた。

その後妊娠させられたことが判明し、切羽詰った女は、先月末、男を村のモスクの裏側に呼び出しそこで銃殺した。弾丸は胸部、頭部そして男性器を直撃し、男は即死状態であった。だが女の行為はそれだけに留まらず、殺害した男の頭を切り落とし、それをYalvac村の広場まで持ち運び、驚愕する村人達の目の前で「これは私の生活を滅茶苦茶にした男の頭だ!」という叫びとともに投げ捨てたという。

トルコの農村部の一部では現在でも、たとえ女性が今回のように性的暴行を受け被害者となった場合でも、その女性が性的に堕落したため家族の名誉を汚したと見なされ、家族の名誉回復のため殺害されるという習慣が存在する。

男からの脅しに加えこうした背景もあり、誰にも頼ることができない中で自分の結婚生活、そして家族を守りたいがための犯行であったと、逮捕後に行われた警察の取り調べに対し女は供述している。また、トルコでは妊娠10週目以降の人工妊娠中絶は法律によって禁止されているが、現在妊娠5ヶ月となった女はそれでも中絶を強く望んでいるという。
(TechinsightJapan編集部 椎名智深)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年9月6日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。