新審査員のプレッシャー! 「ブリトニーは『Xファクター』でパニック発作を起こしていた」とサイモン・コーウェル。

新審査員のプレッシャー! 「ブリトニーは『Xファクター』でパニック発作を起こしていた」とサイモン・コーウェル。
歌姫ブリトニー・スピアーズ、審査員となる『Xファクター・USA』ではプレッシャーの克服が重要課題
ブリトニー・スピアーズデミ・ロヴァートが審査員席に並ぶ、『Xファクター・USA』新シーズン。しかしブリトニーはそのプレッシャーに耐えられるのであろうか。

今月12日に「シーズン2プレミア」の放映が予定されており、いよいよ収録が始まった『Xファクター・USA』。しかし破格のギャラで契約し、看板審査員となるはずのブリトニー・スピアーズが初日に不調を訴え、降板の可能性が出ていたことが分かった。

当初ブリトニーのその不調について、番組関係者は「単なるトイレ休憩で席を外しただけですよ」と説明していたのだが、番組の総指揮官である音楽プロデューサーのサイモン・コーウェルは『TMZ Live』との電話インタビューで、「パニック発作だったという噂があるが」と訊ねられるとそれを認めた。

「そう、その通りだよ。番組収録開始20分でトイレに行くと言って席を立ち、戻って来てもどうにも具合が悪い。プレッシャーに弱いらしく、本人もぐったりして“私、この仕事を続けられるのかしら”と初日から弱気になってしまってね。でも彼女は最も高いギャラで契約したスターだよ。こんなこと明らかに出来ないから、ウチの連中は“ただのトイレ休憩”と言うしかなかったんだ。」

どうなることかと一時はかなり焦った様子だが、そこはサイモンのこと、ぬかりはない。しっかりとブリトニーに向き合い、話をよく聞きながらその自信回復とプレッシャーの克服に力を添えた様子で、「もう大丈夫。今のブリトニーはやる気マンマンで、最高にイケてる審査員を自負しているよ」とのことである。

子役から活躍し、スポットライトを浴び続けて来たブリトニー。当然「心臓に毛が生える」くらいの度胸と図々しさを身に付けていると思っていたが、内面は意外にも繊細であるようだ。オーディション出場者に放つ彼女の言葉が“キツイ”と話題になったこともあるが、きっと相手は「スーパースターからの有難い助言」と受け止めるに違いない。どうか意気揚々とその仕事にあたって頂きたいものである。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年9月7日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マライア・キャリー」のニュース

次に読みたい関連記事「マライア・キャリー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レディー・ガガ」のニュース

次に読みたい関連記事「レディー・ガガ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「クリス・ブラウン」のニュース

次に読みたい関連記事「クリス・ブラウン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。