『GQ』誌表紙の顔が超“がっかり”な、イケメン俳優アレクサンダー・スカルスガルド。

人気ドラマ『トゥルーブラッド』や映画『バトルシップ』で日本にもたくさんのファンを持つ、スウェーデン出身の超イケメン俳優アレクサンダー・スカルスガルド。男性誌の表紙の彼に「なんだ、この顔は」の声が集まっている。

以前は女優ケイト・ボスワースがそれは夢中になり、2年ほど交際。今年4月には映画『バトルシップ』で共演した歌姫リアーナが「彼の魅力の虜になっちゃったわ」と告白し、6月には新作映画『The East(原題)』で共演の若手女優エレン・ペイジとデート。身長が193cmもあり、とにかく女性にモテまくりなのが俳優アレクサンダー・スカルスガルド(36)である。

非の打ちどころのない色男もエイジングには勝てず!? それとも何か別の理由が…!? 男性誌である豪版『GQ』の表紙を飾ったスカルスガルドの顔が、あまりにも「ションボリしている」と話題を呼んでいる。覇気に欠け、嫌味すら漂う貧相な表情がどうにもイタダケないと彼の女性ファンもガッカリしている様子だ。

編集部は何を思って数ある写真の中からその1枚を選んだのか、男のやっかみが混じってしまったかなどと疑いたくなるが、スカルスガルド本人が加齢や減量で実際にそういう人相になってしまったのであれば、悲しいとしか言いようがない。

ちなみに同誌との特集インタビューでは、「台本に不自然さがなければ僕は喜んで裸になる。濃厚なラブシーンにもまったくひるまないよ」と語り、早熟で性にオープンなスウェーデン人らしい一面をのぞかせた。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク