毎回話題を提供してくれるお騒がせキム・カーダシアンの妹ケンダル・ジェンナーが大人気ドラマ『HAWAII FIVE-O』のハワイ・オアフ島での撮影に臨んだと米芸能情報サイト『E!News』が報じている。

先月ケンダルが女優デビューするとお伝えしたが、ついにその時がやってきた。
今月24日からアメリカではファン待望のシーズン3が放映される『HAWAII FIVE-O』にゲストとして出演したのだ。

今回彼女が演じるのは、セールスアシスタントの役である。撮影前に撮られた写真は頭にカーラーを巻き、上は背中が大きくあいた緑色のビスチェ、下は白と黒と模様のアシンメトリーのスカート、首にはゴージャスな青と緑のネックレスをつけている。綺麗な顔立ち、チャーミングな笑顔、モデルをしているだけありスタイルも抜群のケンダルは撮影現場でも一際目立っていたことであろう。

今年に入りケンダルは女優業に興味を示しており、ホラー映画か乗馬の映画に出演したいと熱く語っていた。『HAWAII FIVE-O』は彼女が言うホラーでも乗馬の映画でもないが、全米注目のドラマである。
女優へのステップアップとしては、これ以上ないチャンスを与えられたといっていいだろう。ケンダル出演の回はアメリカでは10月に放送予定である。日本ではシーズン3が来年放送予定のため、ケンダルを観られるのは少し先になりそうだ。まずはケンダルの演技力に注目だ。

余談ではあるが、『HAWAII FIVE-O』と言えば、これまでも多数の豪華ゲストが出演している。『HEROES』のマシ・オカ(シーズン2からはレギュラー出演)、『ゴシップガール』でブレイク・ライブリーの実の父親役を演じているウィリアム・ボールドウィン、映画『プライベート・ライアン』のトム・サイズモア、ミュージシャンのリック・スプリングフィールド等などいずれも大物たちだ。
さらに来たるべき、シーズン3では、アレックスの死んだはずの母親を『シカゴ・ホープ』でもおなじみのオスカー女優・クリスティーン・ラーチが演じる。ストーリーとあわせてこれから出演する豪華なゲスト陣もこのドラマの楽しみである。
(TechinsightJapan 編集部 うめ智子)