ご機嫌なのは“復活愛”のおかげ? ロバート・パティンソンが満面の笑みで人気バンドのショーを満喫。

ご機嫌なのは“復活愛”のおかげ? ロバート・パティンソンが満面の笑みで人気バンドのショーを満喫。
ショーを満喫したロバート・パティンソン
女優クリステン・スチュワート(22)が主演映画『スノーホワイト』の既婚監督と濃厚なキスまで交わす間柄に。その告白を受け俳優ロバート・パティンソン(26)はクリステンとの同棲生活を即解消。シングルに戻ったロブの表情は長らく冴えなかったが、9月に関係修復に踏み切ってからというもの気分は上々らしく、友人らとの外出も思い切りエンジョイする姿が確認されるようになっている。

愛してやまなかったクリステン・スチュワートのまさかの裏切りを受け、ロバート・パティンソンはすっかり落ち込みその表情はとにかく暗かった。だが9月に入りクリステンと会うようになってからというもの、ロブはまたすっかり陽気に。友人らと出かけては楽しいひと時を過ごす姿も目撃されている。

さてそんな中、リラックスした様子のロブと俳優ラミ・マレック(31)らは日曜日の晩にハリウッドの人気音楽ラウンジ『The Sayers Club』を訪問。同ラウンジで9時から行われた「ザ・ブラック・キーズ/The Black Keys 」のパフォーマンスを存分に楽しんだようだ。目撃者はその様子を米誌『People』に次のように証言している。

「ロブはショーの間、終始笑顔でしたよ。ほとんどの曲にあわせて頭を上下に動かしていました。歌を聴いていないときは、ビールを飲んだり、ケータイでメールを打ったりしていましたね。」

早速同棲生活を再開させたという報道もあるだけに、ロブが「もうすぐ帰るよ」などとクリステンにメールしていた可能性も否定できない。だが一部報道によると2人の関係はまだ「完全復活」には程遠いという。現在2人が会うために利用しているのは友人が所有するゲストハウスといい、ロブがクリステンを信用できるようになるにはまだ時間がかかりそうだという話もある。

だがここ最近のロブの様子では、最悪な時期はどうにか乗り越えたとみて間違いなさそうだ。再び交際か、はたまたこのままお友達という関係にとどめておくか。このたびの不倫キス騒動の終着点がどのような形になるのか、ファンもメディアも大きな関心を寄せている。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年10月3日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ニコール・キッドマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ニコール・キッドマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドリュー・バリモア」のニュース

次に読みたい関連記事「ドリュー・バリモア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェニファー・アニストン」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・アニストン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。