スマイリーキクチが、ネット中傷被害事件を乗り越え、新たな一歩。過去には千原せいじから金銭援助の申し出も。

昨年お笑いタレントのスマイリーキクチが一冊の本を出版した。自身が10年間にわたり受け続けた、ネット上の誹謗中傷被害の全貌を綴った体験談である。その著書が今年、有名私立の中学・高校で国語の教材や試験問題として採用された。これをきっかけに、全国の学校からはキクチのもとに講演依頼がきているという。

今から約13年前に始まった、“キクチがある殺人事件に関与した犯人である”というネット上の匿名掲示板などへの嘘の書き込み。最初は「くだらない」と無視をしていたキクチだったが、中傷は一向に収まらなかった。

10月8日放送の『芸人報道』(日本テレビ)に出演したスマイリーキクチ。40歳になった彼の優しい笑顔は昔のままだが、話す内容は以前のようなブラックな漫談ネタではない。

この10年間ネット中傷被害事件の渦中にあったキクチは、被害者にもかかわらず仕事は激減した。だが事件が公になると、キクチの力になりたいと連絡してくれる人もいたという。例えば2回ほどしか会ったことがない千原せいじ(千原兄弟)から、「弁護士の費用も大変だろう」と金銭援助の申し出があったらしい。

キクチが学校へ講演に出向いた時は、“法律の欠点や落とし穴”“インターネットの使い方”“人との関わり方”などの話をするという。ネット上の誹謗中傷被害を受けるのは有名人ばかりではない。一般人もいつ被害に遭うか分からない。彼の10年間に及ぶ長く苦しい闘いを無駄にすることなく、ネット上の情報を判断する指標としたいものだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年10月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「なだぎ武」のニュース

次に読みたい関連記事「なだぎ武」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レイザーラモンHG」のニュース

次に読みたい関連記事「レイザーラモンHG」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「井上裕介」のニュース

次に読みたい関連記事「井上裕介」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。