数か月遅れで婚約者マイリー・サイラスをフォロー。リアムの左腕にようやくペア・タトゥー。

数か月遅れで婚約者マイリー・サイラスをフォロー。リアムの左腕にようやくペア・タトゥー。
マイリー・サイラスの左腕とペアに。婚約者リアム・ヘムズワースも数か月遅れでタトゥーを彫ってもらう
愛する男女でペア・タトゥーをと言ってもやり方はいくつかある。2人で同じものを彫ってもらうか、それとも2人並べてワンセットになるように彫ってもらうか。リアムはマイリーのために後者を選んだようだ。

俳優リアム・ヘムズワース(22)はこのほど、婚約者であるマイリー・サイラス(19)と並ぶと初めて意味をなす、そういうタトゥーを彫ってもらった。まだ皮膚が赤く腫れている、彫りたてのホヤホヤといったその腕の写真。マイリーが彫った時の写真とつなぎ合わせてTwitterに投稿してくれた。

そこに添えられていたのは“Tattoos. 2 arm tats are excerpts from a 1910 post-presidency speech by Theodore Roosevelt.”というキャプション。米国の第26代大統領セオドア・ルーズベルト氏が、大統領の座を退いて1910年4月にパリ・ソルボンヌ大学で行った演説の、ほんの一部分を頂いたようだ。リアムの左腕に今回彫られた文字をご紹介すると…。

“If he fails, at least fails while daring greatly”

とある。ルーズベルト氏がこの一文において言わんとしたことは、「情熱と献身の気持ちで突き進む者は、うまく行けば勝利とともに達成感を味わう。だがどう頑張っても最悪の場合は敗北に終わることもある。(★)だが最善を尽くして勇敢に闘った結果の敗北であれば、(★★)そういう者の魂の眠る場所を、勝利も敗北も知らない者の冷たく臆病なそれと一緒にしてはならない」ということ。思い出すのは、今年7月に

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ロペス」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ロペス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「セレーナ・ゴメス」のニュース

次に読みたい関連記事「セレーナ・ゴメス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ブリトニー・スピアーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ブリトニー・スピアーズ」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年10月14日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。