「ドランク・鈴木のTwitter炎上」から。有吉が分析する“現在のテレビ視聴者像”。

ドランクドラゴンの鈴木拓(36)が、7日放送の『逃走中』(フジテレビ系)に出演した際に途中リタイアし賞金を得たことで、「番組を盛り下げた」と多くの視聴者から非難を浴びた。その後、鈴木のTwitterには“苦情の”が多数つぶやかれ、最終的にTwitterを閉鎖する事態となった。この騒動についてTwitterフォロワー数国内第2位のタレント・有吉弘行が語り、騒動から見た“現在のテレビ視聴者像”を分析した。

14日放送の『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で有吉弘行はこの騒動に触れ、開口一番「しょうもない」と吐き捨てるようにいった。

以前、有吉自身も『逃走中』に出演し“自首”をしようとしたが、捕まってしまった経験がある。これはルール内の行為であり、鈴木拓も有吉同様に姑息なキャラとしての役割なのだから、“自首”のルールを利用して笑いを取るのは当然のことだという。こういうキャラが自首をし、「もう番組には呼ばれない」と落ち込み、久しぶりに再度呼ばれ「また自首をする」。そこに壮大な笑いが生まれるはずだ。彼は非難した視聴者を、「頭が悪い」と毒を吐いた。

しかし、有吉は「逆に言えば」と続けた。こういったバラエティ番組でも、スポーツのように真剣に視聴している人が多いことが証明できたという。例えば、バラエティ番組内で感情を露わにし、涙でも流せば真剣に「いい人だ」と思ってくれる。有吉は「今から涙の準備でもしておこう」と皮肉交じりに語った。

一旦は“頭が悪い”と非難した視聴者であっても、“お客”なのだから“お客”に合わせてテレビ番組を提供していかなくてはならない。お笑い界の酸いも甘いも知っている有吉らしい、毒舌たっぷりの聡明な分析に思える。
(TechinsightJapan編集部 佐々木直まる)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ドランクドラゴン 鈴木
  2. ドランクドラゴン 鈴木拓
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年10月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ドランクドラゴン + 鈴木」のおすすめ記事

「ドランクドラゴン + 鈴木」のおすすめ記事をもっと見る

「ドランクドラゴン + 鈴木拓」のおすすめ記事

「ドランクドラゴン + 鈴木拓」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「富澤たけし」のニュース

次に読みたい関連記事「富澤たけし」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。