ブリトニー・スピアーズの両親、真剣な面持ちで法廷へ。胡散臭いと悪評の元マネージャーと全面対決。

ブリトニー・スピアーズの両親、真剣な面持ちで法廷へ。胡散臭いと悪評の元マネージャーと全面対決。
ブリトニー・スピアーズの両親、元マネージャーからの訴えに「受けて立つ」とLA郡裁判所へ
娘よ、あとは私たち親に任せておきなさい!? ブリトニー・スピアーズの両親が23日、娘が雇ったものの結局は解雇した元マネージャーと闘うため、真剣な面持ちで裁判所へと向かった。

2009年2月、ブリトニー・スピアーズの元マネージャーであるサム・ラフティは「不当解雇による名誉毀損と賃金未払い」を理由に挙げ、スピアーズ・ファミリーを訴えた。突然クビになり、連絡をすれば“接近禁止命令”を申請される。そうした事態に逆切れしたのである。

いよいよその件で出廷を命じられたブリトニーの両親は23日、ロサンゼルスにあるLA郡地方裁判所にやってきた。普段とは違い、背広にネクタイという姿で硬い表情を見せる父ジェイミー・スピアーズ氏。ラフティは彼を「暴力的な不当解雇だ」と訴えている。そして毅然とした歩き方が頼もしい母リンさん。彼女は「自叙伝の中でひどく名誉を傷つけられた」と訴えられている。

ラフティ側の主張は要約するとこうである。

“2007年春にブリトニーとナイトクラブで出会い意気投合。その時すでに彼女は家庭内に問題を抱えており、薬物依存の傾向が強かった。マネージャーになって欲しいと依頼されたが、経験も資質もないと答えると、ブリトニーからはこんな条件が示された。

「私には毎月80万ドルというすごい稼ぎが入るの。働かないで家にいても同じよ。マネージャーにはその15%を支払うわ。」

この話には当然魅かれ、2人で弁護士、エージェント、マネージャーの新体制を組み直すことから仕事が始まった。またドラッグに関しても自分は彼女にやめることを約束させ、家にあった「白い粉」をトイレに流した。”

現職マネージャーの時から、度々「胡散臭い男」と表現されていたラフティ。彼の側の主張をうのみにするわけには行かない。だが人々の心に「ブリトニーはただでさえ癇癪持ちだった。あの頃のブリトニーなら、何があったとしてもオカシクない」という気持ちがあるのも残念ながら事実だ。当時の弁護士、エージェント、ベビーシッター、アシスタントなどが次々と証言台に立ち、真実を語ることに期待するしかない。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年10月24日の海外セレブ記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マライア・キャリー」のニュース

次に読みたい関連記事「マライア・キャリー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レディー・ガガ」のニュース

次に読みたい関連記事「レディー・ガガ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「クリス・ブラウン」のニュース

次に読みたい関連記事「クリス・ブラウン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。