米人気TVホスト、ウェンディ・ウィリアムズが過去の壮絶なドラッグ依存を明かす。

米人気TVホスト、ウェンディ・ウィリアムズが過去の壮絶なドラッグ依存を明かす。
過去にドラッグに依存したことがあるというウェンディ・ウィリアムズ
歯に衣着せぬ物言いで人気のウェンディ・ウィリアムズ(48)は、今年2月の歌手ホイットニー・ヒューストン(享年48)の急死にかなりのショックを受けたという。哀しみのあまり自身がホストを務める番組で思わず泣き崩れたことも話題となったウェンディが、このたび人気誌『In Touch』の取材に応じ、ドラッグに依存していた過去を赤裸々に告白した。

ホイットニー・ヒューストンとは年もわずか1歳差。さらに同じくニュージャージーの生まれで共通点が多いというウェンディ・ウィリアムズは、TV番組『The Wendy Williams Show』のホストとして大変な人気を誇っている。だがそんな彼女もかつては10年もの間ドラッグに依存していたといい、ホイットニーが急逝したことにはただならぬショックを受けたそうだ。このたび『In Touch』誌の取材に応じたウェンディは、かつてドラッグに依存していたころの状況を次のように語っている。

「(ドラッグに依存していたのに)生活はきちんとできていた。午後3時から7時まで働いて、朝の7時までパーティでしょ。それから午後2時まで眠ってラジオ局に出勤。その繰り返しだったわ。」

ウェンディが荒れた生活を送っていると知りながら、周囲の人間は口出しひとつしてこなかったとウェンディは語る。

「みんな知っていても、何も言ってくれなかった。意気地がなかったのよ。だけどそれって、私にはショックなことだったわ。サーカスの見世物でも見ている気分だったんでしょう。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年11月23日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。