人気グループ・AAAの西島隆弘(26)は小学生の頃から、女子に大人気だったという。そのモテ方は凄まじく、話を聞いていた元ジャニーズの薬丸裕英(46)が真顔で驚くほどであった。
今は年上の女性からも人気の西島だが、小学生の頃からその片鱗をうかがわせていたようだ。

今年は歌に芝居に大活躍だった西島隆弘。12月3日放送の『はなまるマーケット』(TBS系)のトークコーナー“はなまるカフェ”に出演し、バレンタインデーと卒業式のモテ・エピソードを明かしてくれた。

小学1年生のバレンタインデーのことだ。登校するとまず靴箱に、沢山のチョコレートが詰め込まれていた。そして教室の机の中にも、チョコレートが山ほどあった。
他に手渡ししてくれる女子もいたそうだ。放課後には大量のチョコレートを学校からもらったダンボールに入れ、西島は台車を借りて自宅に持ち帰ったという。彼にチョコレートをプレゼントしたのは児童だけでなく、その母親からのもあったらしい。素人時代に一番多く、チョコレートをもらった思い出というから相当な量であろう。

また中学3年生の卒業式は西島の持ち物を巡る、争奪戦が後輩女子の間で繰り広げられたそうだ。第二ボタンだけでなく、制服のジャケットからYシャツなどズボン以外の衣類、名札、生徒手帳、靴下、上靴まで持っていかれたのだ。
西島は上半身が裸になってしまったので友人からコートを借り、唯一残ったズボン姿(ベルトも無くなった)で帰宅したという。「追い剥ぎにあったみたいね」と、司会の岡江久美子は大笑いだ。

ファンが気になる西島の彼女の話が、チラリとあった。過去にお付き合いした女性は年上が多いと話す。ちなみにチャームポイントと言われる“たらこ唇”は、本人のコンプレックスでもあるという。すると薬丸裕英が「可愛いよ、“カリメロ”(黒いヒヨコのキャラクター)みたい」と言ったのだが、残念ながら褒め言葉に聞こえなかった。

(TechinsightJapan編集部 みやび)