統合失調症の男が犯した殺人事件。担当医に8500ユーロの支払い命令。(仏)

総合失調症に悩まされていた43歳の男が、自分の祖母のパートナーの男性を斧で殺害した事件。2004年に発生したこの事件に対する判決が、先日マルセイユの裁判所で言い渡された。だが裁判における被告はこの男ではなく、当時彼を担当していた精神科医であった。

『Spiegel』の報道によると、以前から暴力行為を繰り返し周囲を騒がせていた男は、2000年頃から統合失調症と診断され、マルセイユの病院に勤務する精神科医のもとで診察を受けていた。だが2004年に男は診察中に突然病院を抜け出し、その20日後に自分の祖母のパートナーである80歳の男性を斧で殺害するという事件を引き起こした。事件発生後男は逮捕されたが、その後行われた裁判で彼には刑事責任能力がなかったという判決が下されている。

殺害された男性の遺族はその後、男がこうした事件を引き起こす可能性を見抜くことが出来なかったのは、担当していた精神科医のいい加減な診察が原因であるという理由で、この精神科医と彼女が勤務する病院、そして男の診察に関与した人々を訴えており、治療過程におけるミスの有無が調査されていた。

その結果、彼女の同僚である精神科医9人が男は統合失調症であると判断していたにもかかわらず、彼女は1人「彼は病気ではない」と強く主張しており、そのため男に対する適切な治療が行われていなかったこと、また男は本来なら長期の入院が必要な状態であったが、2003年末には既に退院を許可していたことなど、その治療が非常にずさんであったことが明らかとなっている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年12月25日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。