「金爆からROCKを学びたい」。鬼龍院翔にダンスを教えたラッキィ池田が感慨にひたる。

振付師のラッキィ池田が、人気エアーバンド・ゴールデンボンバー(金爆)の鬼龍院翔との思い出をブログで綴っている。それまでは金爆のダンスに眉をしかめていた池田だったが、昨年末に鬼龍院から挨拶されたことをきっかけにその存在について考え直したという。

鬼龍院翔は以前、吉本総合芸能学院(NSC)に9期生として所属しており、池田一真(現在、お笑いコンビ・しずる)と「チョコサラミ」というコンビを組んでいた。そのNSCでダンス講師を務めるのがラッキィ池田なのである。

ラッキィ池田のブログ『踊り放題!~ラッキィ池田のグルーヴィンな毎日』で1月5日に明かされたところでは、昨年末にNHKの玄関前ですれちがったゴールデンボンバーの1人が突然挨拶してきたという。「あのう、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔といいます。NSCではお世話になりましたので、挨拶させてください。呼び止めてすみませんでした」と彼は頭を下げると戻って行ったのだ。

実のところ、ラッキィ池田はNSCで鬼龍院を教えたことを覚えていなかったのだ。しかし、噂には聞いていたので挨拶されて、金爆の鬼龍院翔とNSCが結びついた。

彼は「振付けの仕事でゴールデンボンバーのパフォーマンスがサンプルとされることが増えて来ている」と明かしており、その存在感を肌で感じる池田にとって鬼龍院からの挨拶は「大きな事件に思えた」ほどのショックでもあったのだ。

池田は村上龍氏のコラムで読んだ「大人が眉をしかめながらも、その存在を認めざるを得ないものをROCKという」との言葉を思い出し、「まさに彼らのダンスは僕も眉をしかめるほどのROCKだ」と金爆のパフォーマンスを見直すのである。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「チョコ」に関する記事

「チョコ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「チョコ」の記事

次に読みたい「チョコ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク