『スター・ウォーズ7』、J・J・エイブラムス監督に決定。いよいよ制作へ。

『スター・ウォーズ7』、J・J・エイブラムス監督に決定。いよいよ制作へ。
『スター・ウォーズ7』、監督はJ・J・エイブラムスに決定。いよいよ制作へ
1977年に初めて公開となり、すでに9部のエピソード構想が出来上がっているSF映画の大作『スター・ウォーズ』シリーズ。そのエピソード7の監督がJ・J・エイブラムスに決定した。

ジョージ・ルーカスのもはやライフワークとなっているSF映画『スター・ウォーズ』の制作。昨年10月30日、ディズニーは映画史の記録に残る利益をあげた同シリーズの制作会社であるルーカスフィルムの買収に成功し、2015年にエピソード7を公開し、8と9に対する強い制作意欲にも言及した。

このシリーズ、エピソード4まではルーカスが単独で脚本を書き、監督を務めていたものの、エピソード5 「帝国の逆襲」になるとルーカスは総指揮官となるも製作をゲイリー・カーツに任せ、アーヴィン・カーシュナーがメガホンをとっている。続くエピソード6「ジェダイの帰還」も監督はリチャード・マーカンド、製作はハワード・カザンジャンに変わり、ルーカスはこのシリーズに常に新しい風を求めている様子であった。

そして今、米国の複数のメディアが「エピソード7」の監督が決定したとトップで取り上げている。新監督は音楽界でも多才なところを見せている映画およびTVプロデューサーで監督のJ・J・エイブラムス(46)。映画では『スター・トレック』シリーズ、『アルマゲドン』、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』、テレビドラマでは『LOST』、『FRINGE』など彼の手がけたヒット作品は多数ある。

エイブラムスは当初あまり感心を示していなかったものの、ディズニーの懸命な交渉が功を奏してついに首を縦に振ったらしい。ほかに監督候補としては、『アルゴ』を手掛けたベン・アフレックや『アベンジャーズ』を大ヒットさせたジョス・ウィードンの名が挙がっていたそうだ。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年1月25日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。