リンジー・ローハンがまたもや奇行。イベント用に借りたドレスをハサミで台無しに!

リンジー・ローハンがまたもや奇行。イベント用に借りたドレスをハサミで台無しに!
借りたドレスを短く切ってしまったリンジー・ローハン。
       
お騒がせトラブルの尽きない女優リンジー・ローハン(26)が、またもやとんでもないことをしでかした。イベントで着用するために借りたドレスを、勝手にハサミで切ってしまったのだ。

先日開催されたチャリティイベント「amfAR New York Gala」に、人気ブランド「Theia」の素晴らしいドレスをまとい出席した女優リンジー・ローハン。この通りの美しい姿にメディアも「やはりリンジーは美しい」と書き立てたが、この後リンジーは何を血迷ったのかドレスをハサミで台無しにしてしまったという。しかもこのドレスはリンジーが所有するものではなく、スタイリストを通じて「Theia」から貸し出されていたものだったらしい。このたび「Theia」の代表者は以下のようなコメントを発表し、怒りをあらわにしている。

「あのドレスは、リンジー・ローハンのスタイリストPhillip Bloch氏を信用して貸し出したものでした。ですが同氏のアシスタントによると、ドレスは(イベントの)晩に傷んでしまったとのこと。まだ返却されていませんし、メディアにその写真が公開されるまでどのような状態になっているか知りませんでした。」

そのドレスはハサミで切られ、見るも無残なミニに姿を変えている。これを受け米エンタメ番組「E!」がPhillip氏に取材を試みたところ、以下のようなコメントが得られたという。

「リンジーが出かけた際、ドレスが破れてしまったと聞きました。そこでリンジーは後ろを長めに残した形のドレスにしてしまおうと思ったようです。ドレスを取り戻すのに何日もかかりました。今はこちらにあり我々が管理していますが、デザイナーは破れたドレスなど要らないとおっしゃっています。」
「リンジーのことは大好きだしまた一緒に仕事をしたいものですが、ルールは守ってもらわないと。彼女は40着の中からあのドレスを選びました。何を着ても似合いますとも。あんな風に形を変えることはなかったのです。ドレスは他人のものですから、この件では大恥をかいてしまいました。」

またしても常識の無さを露呈してしまったリンジーに、業界は厳しい目を向けている。今後収監も噂されているリンジーだが、その先には明るい未来が待っているのだろうか。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年2月24日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。