昨年出演した深夜のテレビ番組で話題となり、今やテレビやラジオでレギュラー番組を持つまでになった元陸上選手でタレントの武井壮(39)。彼を芸能界に導いたのは、バンド「電気グルーヴ」のピエール瀧(45)であるという。それはあまりにも強烈な出会いだった。

3月1日深夜放送の『くせになるややこしさ ブラックマヨネーズのハテナの缶詰』(読売テレビ)にゲスト出演した武井壮。彼がテレビのバラエティ番組へ出演することができたのは、ピエール瀧の口添えがあったからだという。

出会った場所は、ピエールが行きつけの西麻布のバーだった。そのお洒落なバーのカウンターで、普段は見かけない男が座らずに立っていた。気になったピエールは遠目から観察していると、その男は左手に牛乳らしき白い液体が入ったグラスを持ち、右手に持っている何かに噛りついていた。その男こそ、武井壮であった。

「何やってんの?」ピエールが近付いて質問すると、「あ、これですか? 今、歯を鍛えているんです」と返ってきた。武井の説明によると犬用の骨型ガムで奥歯を鍛え、いざという時のために備えているという。より強い力で踏ん張るためには、奥歯も鍛えておかなければならない。そのため犬用の骨型ガムを毎日噛んでいるらしく、週に2~3個はダメにしてしまう―との説明だった。

武井の話を聞きながら、“バカじゃないの、コイツ”と内心で思ったピエール。だがこの男に対して、非常に興味を持ったのも確かだった。