汚れてヨレヨレの“ふなっしー”。製作費3万8000円かけるも、まるで別物に。

大人気の千葉県船橋市非公認のゆるキャラ“ふなっしー”。今やテレビやイベントに引っ張りだこ、携帯電話・スマートフォン向けの着信ボイスにも登場した。だが人気が出れば出るほど、ふなっしーの着ぐるみは薄汚れて破損が目立ってきている。最近、新しい着ぐるみを発注したのだが、完成品があまりにも不出来でふなっしーは大変驚いたという。

5月12日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、同じ非公認ゆるキャラ仲間・尼崎市の“ちっちゃいおっさん”と登場したふなっしー。そこで2人は非公認ならではの苦労話を明かした。

ゆるキャラは本来、「地域の活性と町おこし」が目的である。地元の催し物に顔を出したり、時には地方のゆるキャラ対象のイベントに招かれることもある。地域の広報活動を目的としているので、ノーギャラで出演するイベントも多い。たとえば、ちっちゃいおっさんが愛媛県今治市の人気ゆるキャラのイベントに招待された時、2日間で20万円の自腹を切ったそうだ。地域公認のゆるキャラには税金から活動費が支給され、専門のスタッフが付き添っている。やはり単独で活動する非公認ゆるキャラの実態は、楽ではない。

野外でのイベントも多い、ゆるキャラ達。あちこちに呼ばれているふなっしーは、着ぐるみが淡い色使いのためか汚れが目立ち、ヨレヨレだ。動きが激しいので、破損している個所も見受けられる。立派な着ぐるみの公認ゆるキャラの横に立つと、気の毒なくらいふなっしーが疲れて見えるのだ。そのためふなっしーは分身を中国で3万8000円で作ってもらったが、送られてきた実物に驚いたという。手の位置が違い目が両側に離れすぎている、まるで別物のような仕上がりだったようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ふなっしー イベント
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年5月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ふなっしー + イベント」のおすすめ記事

「ふなっしー + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中川翔子」のニュース

次に読みたい関連記事「中川翔子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。