アンジェリーナ・ジョリー、乳がん高リスクのため「両乳房切除手術」を受けていた!

アンジェリーナ・ジョリー、乳がん高リスクのため「両乳房切除手術」を受けていた!
女優アンジェリーナ・ジョリー衝撃告白。「乳がん」の高リスクを指摘され乳房を両側とも切除。
女優アンジェリーナ・ジョリーが、「子供たちのためにも」と勇気を振り絞って決断したある手術。その告白にハリウッドでも大きな衝撃が走っている。

3人の実子を含む6人の子を育て、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使として世界をまわり、もうすぐ38歳になろうとしているハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリー。彼女はこのほど『ニューヨーク・タイムズ』紙に、大変ショッキングな事実をつづった“My Medical Choice”というタイトルのコラムを寄せた。

女性にとっては髪と並んで「命」のようにたとえられている乳房。しかしそこにがんが発生する可能性が高いことを指摘され、アンジーは予防の目的で「両乳房切除手術」という左右の乳房を切除する大手術を受けたそうだ。実子を3人出産していることもあり、「乳がん」のリスクからはやや縁遠いと思われるアンジーだが、医師から実は乳がんについては87%、卵巣がんについては50%の発生率と告げられ、発生源を絶ちたいと手術を希望したという。

彼女の母でフランス人女優のマルシェリーヌ・ベルトランさんは、2007年1月に卵巣がんのため56歳の若さで他界しており、アンジーは5年ほどその闘病に寄り添っていた。現在、乳がんや卵巣がんの一部は遺伝的な要因が関与していると考えられており、「HBOC(Hereditary Breast and Ovarian Cancer)シンドローム」と呼ばれるひとつの症候群として遺伝子診断が可能になっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年5月14日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ローレンス」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ローレンス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「クリステン・スチュワート」のニュース

次に読みたい関連記事「クリステン・スチュワート」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ロペス」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ロペス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。