SKE48・松井珠理奈が“恋愛小説”のモデルに。『相棒』の脚本家が彼女にぞっこん。

ドラマ『相棒』や『おみやさん』の脚本を手がけた波多野都さんが、SKE48松井珠理奈の熱いファンであることをツイッターで明かしている。波多野さんは「一過性のアイドルとは一線を画す存在」と松井珠理奈の魅力を絶賛しており、恋愛小説のモデルにしたこともあるというのだ。

警視庁捜査一課9係』、『炎神戦隊ゴーオンジャー』や『メイド刑事』などドラマの脚本家として活躍する波多野都さんがツイッターにて松井珠理奈のファンを公言したことで、多くの珠理奈のファンも注目している。彼女が「はじめて個別握手券つきってのを珠理奈ちゃんで申し込んだら、見事に落選しました」とつぶやき、珠理奈推しの読者から反響があった。

波多野さんは、まずは松井珠理奈が11歳でセンターに抜擢されたAKB48のシングル「大声ダイヤモンド」のPVを見るべきと主張して、「珠理奈ちゃん見てると、『オーラが違う』とはこのことだなと思います」と存在感を絶賛する。彼女は脚本家として「珠理奈ちゃんは女向きだと思ってます」と見ているのだ。昨年TBSで放送されたスペシャルドラマ『ブラックボード~時代と戦った教師たち~』に出演した松井珠理奈に触れると、「制作側として楽しみな存在」、「いつかいっしょに仕事したい女優No.1です」と評価するほどだ。

そんな波多野都さんが、実は松井珠理奈をモデルにした恋愛小説を著したことが分かった。リンダブックスから出された『すごい恋愛』にある短編の1つ「オタクを拾った女の話」が波多野さんが書いた小説だ。珠理奈が主人公というわけではないが「ファンの方が読めば『これ、珠理奈ちゃんモデル?』ってわかる」ような内容だという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年5月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュース

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュース

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。