“ロボ女”SKE48菅なな子の父。“グレートマジンガー”で世界大会に優勝していた。

SKE48の“なんなん”こと菅なな子は、小学生4年生で二足歩行ロボット“ななロボ”を組み立てたほどの工学系アイドルだ。“なんなん”の父親は京都大学工学部出身で大手自動車会社のロボット開発に携わっており、その影響で彼女もロボット好きに育ったことが分かる。だが、それだけではなかったのだ。テレビ番組『ZIP!』で「SKE48の“ロボ女”」として菅なな子が紹介された中で、父・菅敬介さんの勇ましい姿が映し出された。

菅なな子は研究生時代から“ロボット研究生”と呼ばれるほどロボット好きで知られた。昨年はシングル「キスだって左利き」の表題曲選抜メンバーに選ばれ、チームSに昇格した彼女はテレビ番組への露出も増えて、自作のロボット“ななロボ”を何度も披露している。無線機の故障やバッテリー切れで“ななロボ”が動かなくなるトラブルもあったが、逆にそれがウケて人気者となった。

今年の5月21日の情報番組『ZIP!』では、“チューモーク!”のコーナーで「ロボ女 菅なな子」に注目。SKE48で活躍しながらロボット好きな、異色アイドルとして紹介された。

小学4年生ですでに二足歩行ロボットを組み立てたという彼女は、「学校から帰ったら組み立てるという感じで、1か月くらいでできました」と当時を振り返る。しかもその時にロボットの体を作っただけでなく、パソコンを使ってのプログラミングまで自分でやったというから驚きだ。

彼女の父親が大手自動車会社のロボット開発を担当しているとはいえ、小学生でロボットのハードとソフトを作ることは並大抵ではない。だがその父親のもう1つの経歴によって、彼女が“ロボ女”となった要因が分かったのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年5月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュース

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュース

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。