女優エマ・ストーン、母が乳がんを宣告された心痛な過去を激白。

女優エマ・ストーン、母が乳がんを宣告された心痛な過去を激白。
母が乳がんであったことを告白したエマ・ストーン
かつて「私はパニック障害だった」と幼少期に味わった苦悩を告白した女優エマ・ストーン。そんな彼女が先日ニュージャージーで行われた「トリプルネガティブ乳がん基金6周年」のイベントに母と共に出席し、母ががんに侵された際の辛い心境を明かした。

先日、女優アンジェリーナ・ジョリーが乳がん予防のために両乳房切除手術を受け、大きなニュースとなったのは皆さんもご存知の通り。そして今度は女優のエマ・ストーン(24)が乳がんについての思いを激白した。実は母のクリスタさんは以前、乳がんを患っていたというのである。

それは2008年、エマが19歳の頃。1人でロスに住み始めた彼女に、母が電話をかけ「トリプルネガティブ乳がんと宣告された」と告げたという。エマは当時のことをこう振り返っている。

「私は奇妙にも平然としていた。普段はおどけているくせにね。」
「だけど恐怖心でいっぱいだったわ。」

そんな娘の思いを母が分からないわけがない。クリスタさんも当時を振り返り、「(エマは)恐怖と不安でいっぱいだったと思う。だけど気持ちを切り替えて“きちんとケアしていくんだから大丈夫。すべて上手くいくわ”と励ましてくれた」と語っている。

その後クリスタさんはアンジーと同じく両乳房の乳腺切除手術を受け、1年半かけて化学療法を行った。エマもできる限り故郷であるアリゾナに帰り、母を励まし続けたという。その甲斐あってクリスタさんはがんを克服し、今では以前のような元気な姿を取り戻している。

絆が強い母娘は、クリスタさんががんを克服したお祝いとして互いの手首にタトゥーを入れている。母はブラックバードの胴体を、エマはブラックバードの足を入れ、2人合わせると1羽のブラックバードになるような合体タトゥーである。それは2人が闘病中、ビートルズの曲『ブラックバード』に励まされていたからだそうだ。さらにエマは、広告塔である『レブロン』の乳がん早期発見を促すキャンペーンの大使も務めている。
(TechinsightJapan編集部 ピーリング麻里子)

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年5月29日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ロペス」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ロペス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「グウィネス・パルトロウ」のニュース

次に読みたい関連記事「グウィネス・パルトロウ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「クリステン・スチュワート」のニュース

次に読みたい関連記事「クリステン・スチュワート」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら