現在もっとも旬な女優のひとりと言われている川口春奈。彼女がテレビ番組で、教習所に通っている事を告白した。4~5か月間通っていても、まだ仮免許を取っていない川口が語る“無謀とも思える夢”に大物司会者も絶句していた。

6月14日公開予定の映画『絶叫学級』で主演を務め、7月スタートの『天魔さんがゆく』(TBS系・毎週月曜深夜0:28)への出演も決まっている、女優の川口春奈(18)。彼女が『笑っていいとも!』フジテレビ系)の「テレフォンショッキング」に出演した。現在、車の免許を取るために教習所に通っているという彼女は、タモリに悩みを告白した。

「落ちるんですよね」と突然口にした川口。タモリに「どこで、つまずくの?」と訊かれると、運動神経もなく、根本的に向いていないと真剣に悩んでいる様子。中学生の時の50メートル走の記録が全力で走っても12秒だった明かすと、観覧客からも「え~っ!」と驚きの声が上がった。

教習所の練習では、「アクセルとブレーキを両足で(同時に)踏んでしまう」とまたしても驚きの事実を語る川口。教官にも「それは危ないよ」と言われるようなのだが、川口はなぜか落ち着くそうだ。タモリも「落ち着くために運転しているわけじゃないからね」と少し呆れているようだった。

さらにS字カーブやクランクでは、いつハンドルを切ればいいか分からないと明かす川口が、「ゲームセンターで運転の練習をした方が良いのかな」と真剣な表情で悩んでいたのだが、「(ゲームは)ちょっと違う」とまたしてもタモリに一蹴されてしまった。4~5か月間通っているがまだ仮免許も取っていないという川口に、「これはどうしたらいいのか…」と心配するタモリであった。