ミス・ユニバースの質疑応答コーナーが超手厳しい。政治家の妻になるつもりなら当然の難関?

       
「ミス・ユニバース」の米国代表を決める最終選考会が16日に行われたが、現代の美女に求められるものは美貌とスレンダーなボディだけではない。政治や経済の問題についての思いを、自らの言葉できちんと語れるようでなければならない。そのような中で、今回第3位を獲得したミス・ユタの女性が…!?

米ラスベガスで16日、今年のミス・ユニバース(11月にロシアで開催予定)に出場する“ミスUSA”を決める最終選考会が開かれた。その頭に見事ティアラをのせたのはコネチカット州代表のエリン・ブレイディさん(25)であったが、トップ5に勝ち残ったある出場者が質疑応答コーナーでちょっとした失態をおかしたことに関し、「テーマが難し過ぎないか」という疑問の声があがっている。

その女性は21歳のマリッサ・パウエルさんでユタ州の代表。美しさでは優勝したエリンさんに全く引けを取らない、ブルネットヘアが揺れるゴージャスな美女である。選考会の大きな難関といわれる質疑応答コーナーにおいて、彼女には審査員席の女優ネネ・リークス(45)が対応した。

Q:ある調査報告では、子供のいる家庭の40%で母親が主な働き手だそうよ。それなのに賃金は男性より女性の方がいまだに低い。この格差社会についてあなたはどう思う?

A:どういう職業に就くためにどういう教育が必要で、それを受けようと努力してきたのかなど、教育に対する意識のあり方にまでさかのぼって考えなければならないと思います。しかし、そこでもリーダーはやはり男性というのがこの社会です。私たちはより良いものに教育を改善しながら、問題解決の糸口を見つけるしかありません。
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年6月20日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。