アーティストのハートはなかなか繊細、かつ執念深い!? 現代の名ギタリストと称えられるそのプライドはどこへやら。ちょうど1年前のこと、元ガールフレンドであるテイラー・スウィフトが彼をディスッた“Dear John”という曲に「実に不愉快」と語っていたジョン・メイヤーが、なんと彼女への猛反撃と思われる曲を作ってしまった。

人気歌手ジョン・メイヤー(35)が、“歌姫テイラー・スウィフト(23)の純情さをもてあそんだ末に、あっという間に捨てた”と騒がれたことはいまだ記憶に新しい。2人は2010年1月から少しだけ交際していたのだ。そういう失恋を曲にしないわけがないテイラー。彼女の2010年大ヒットアルバム『Speak Now』に収められているバラード曲、“Dear John”はジョンへの思いを歌ったものだと言われている。

“軽いお手つきの相手として私は若すぎる。それが分からなかった? あなたは私の世界を青空に変えてくれたと思ったら、今は雨模様よ。”

その件について昨年6月、『Rolling Stone』誌に「すごく嫌な気分になる曲。人を傷つけておいて、さらに蹴りを入れられたようなものだよ。こんなひどい仕打ちをされる覚えはないね」などとぶちまけていたジョン。彼はテイラーへの怒りをまだ引きずっていたのか、このほど彼女をディスッたと思われる“Paper Doll”という曲を発表した。歌詞はこんな感じである。