ウィリアム王子夫妻、2007年の破局を救ったのは“チャールズ皇太子の罪深い過去”

ウィリアム王子夫妻、2007年の破局を救ったのは“チャールズ皇太子の罪深い過去”
英ウィリアム王子、ケイトさんとの2007年の破局を救ったのは父チャールズの見せた後姿だった!?
キャサリン妃の出産までもう待ったなし、大変おめでたいムードに包まれているこのタイミングではあるが、イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃に2007年に起きた一旦の破局と復縁においては、父チャールズ皇太子が関係するちょっと興味深い話があったようだ。

ケンブリッジ公爵夫妻ことウィリアム王子とキャサリン妃(ケイト・ミドルトンさん)は、大学の学友時代から長く交際して2010年11月に婚約し、2011年4月に結婚式を挙げた。この7月13日が出産予定日とも言われ、世界中の人々がイギリスのロイヤルベビー誕生を本当に楽しみにしている。

そのようなタイミングで突然話題になっているのが、王室に嫁ぐ道を選んだケイト・ミドルトンという若くて美しい女性の生き方にスポットをあてた、作家マーシャ・ムーディ(Marcia Moody)による新しい著書『Kate』。内容が少しばかり明らかになってきたが、そこにはこのカップルが2007年に経験していた破局と復縁について、ちょっとした話が綴られているもようだ。

2004年に交際が公のものとなるも、ごく普通の若いカップルと何ら変わらない付き合いを心がけていた王子とケイトさん。2007年には大喧嘩の末に破局し、タブロイド紙の一面を大きく飾ったことがある。王子はロンドンのナイトクラブに出没するようになり、テーブルに乗って「I’m free!」などと叫ぶ始末。ケイトさんも超ミニ、胸の谷間を強調するトップ、頭にはピンクのバニー・イヤーをつけてパーティに出かけては男性を悩殺していた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年7月9日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。