カンヌで下半身チラリだったエヴァ・ロンゴリア。「彼女は常にノーパン派」の声も!

女優エヴァ・ロンゴリアがちょっと怪しい方向に走っている? それとも今時の女性にとっては「ノーパン」も立派な選択肢のひとつ? カンヌ国際映画祭でとんでもないアクシデントがあったエヴァについて新たな話が浮上している。

第66回カンヌ国際映画祭で上映された映画『Jimmy P:Psychotherapy of a Plains Indian(原題)』。そこに登場した女優エヴァ・ロンゴリア(38)が深いスリットの入ったドレスの裾を持ち上げすぎてしまい、ノーパンの下半身をチラリと見せる予期せぬアクシデントが発生した。そんなエヴァに関して米芸能誌『In Touch』は、あの件は決して意図的なものでなかったにせよ、彼女が下着を好まない女性であるという親しい人物からの情報を伝えている。

「エヴァは以前からノーパンですよ。そういう主義なんです。マリオ・ロペスの結婚式にもノーパンで出席して、プールに投げ落とされて大変な姿をさらしてしまいましたからね。」
「でも彼女の親しい友人たちは実は困惑しています。結局は男の注目を集めたいだけにしか見えないし、自分の夫がそんなエヴァに悩殺されるなんて冗談じゃないという感じですから。」

かつてはブリトニー・スピアーズパリス・ヒルトンリンジー・ローハンなどが次々とノーパン写真を撮られ、しかし涼しい顔をしていることが大変な話題となっていた。「下着のラインが外にひびかない」、「しめつけないフリー感が好き」、「そのセクシー感が好き」など理由はいろいろあろうが、普段からノーパンという女性は実はゼロではないのかもしれない。
編集部おすすめ
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク