リッキー・マーティン、過去の葛藤を告白。「ゲイを見るといじめていた」。

リッキー・マーティン、過去の葛藤を告白。「ゲイを見るといじめていた」。
ゲイであることに苦悩したというリッキー
       
2008年に代理出産で誕生した双子の父となったリッキー・マーティン(41)。そんな彼も2010年にようやくゲイであることを認めたが、やはり人気商売をしてきただけにその葛藤はかなり大きかったもよう。それゆえに経験した苦い思いを、このほどリッキー自らが人気誌に激白した。

豪版『GQ』誌9月号のインタビューを受けたリッキー・マーティンは、ゲイであることを隠していた過去を振り返りこう語っている。

「すごく腹が立っていた。とても反抗的になってしまったね。」
「昔の僕は、ゲイを見るとこんな風に思ったものさ。“俺はあんなんじゃない。あんな風にはなりたくもない”ってね。恥ずかしいと思っていたから。人や社会、それに宗教にまで否定されて、僕の自尊心はボロボロになっていたよ。」

その結果、リッキーがとった行動とは…?

「自分の周囲の人々に怒りをぶつけたのさ。ゲイだって分かっている人をいじめたりもしたね。」
「同性愛恐怖症を自分自身に植え付けたんだ。」
「逃げ出したい気分だったよ。」


だがゲイをカミングアウトした今も、リッキーは性別問わず大人気。そんな有難い状況について、リッキーは明るくこう語っている。

「良いんじゃないかな? だって選り好みする必要なんてない。僕はみんなが大好きだよ。」

今のリッキーはこんなにもスッキリ。として、また一人との人間として恥じるところのない立派な生き方を実践しているもようだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年8月29日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。