ドランク・鈴木、ツイッター炎上には「何も感じない」。攻撃はすでに無意味。

過去にお笑い芸人東野幸治が、「ツイッターが炎上すれば、芸人はオイシイ」とブログで述べていた。この炎上の話題でバラエティ番組からお声がかかり、面白おかしくいじられるからだ。まさに東野の予想通り今回SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)がテーマの番組で、コメントを求められる鈴木拓ドランクドラゴン)の姿があったのだ。

10月10日放送の『あのニュースで得する人損する人』(日本テレビ系)で、MCの後藤輝基フットボールアワー)は「無駄に傷付きたくない」という理由からブログやツイッターをやっていないと話した。お笑い芸人にもツイッター愛好者は多いが、心無いツイートに傷付き精神的に疲れてやめてしまうケースがあることを後藤もよく知っているのだ。

すると「バカみたいに、何でも炎上しますよ」と無表情で語る、鈴木拓。投稿されるツイートは具体的な反対意見や抗議の内容ではなく、とにかく「死ね」のオンパレードだという。

「気が滅入らないのか?」と後藤に問われるも、鈴木は毎回のことなので「もう慣れてしまった」と答えた。そして「ずっと打たれたら、何も感じなくなる」と淡々と打ち明ける。

こちらの記事でも紹介したが、昨年に鈴木がツイッターを一度閉鎖したのは炎上したからではない。所属事務所に抗議メールが殺到し業務に支障がきたす事態となり、社長からツイッターでの反論をやめるようにと指示されたからだ。「反論できないなら(ツイッターを)やめる」との考えから、当時の鈴木はアカウントを削除することに決めたのだ。

鈴木のツイッターに関する心構えは昔も、再開した今も変わっていない。“いくらでも相手になってやる”という信念と、“何を言われても動じない”という不屈の精神が彼には備わっているのだ。そんな鈴木に対して、「やるな、こいつ」、「たくましい」とネット上ではいつのまにか評価が高くなってきている。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年10月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュース

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「AV女優」のニュース

次に読みたい関連記事「AV女優」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら