有吉弘行が“猿岩石”の苦い思い出明かす。「顔を真っ赤にして歌った“My Revolution”」

有吉弘行が自身の冠番組お笑いコンビ・猿岩石時代の歌手活動を振り返った。彼らは10枚目のシングルで渡辺美里の“My Revolution”をカバーしたが大ヒット曲だけに気恥ずかしさから「顔を真っ赤にして歌っていた」という。しかもその件で芸人仲間のビビる大木から苦情をいわれる羽目になった。

猿岩石といえば1996年にテレビ番組『進め!電波少年』のヒッチハイク企画で香港からイギリス・ロンドンまで旅をして大人気となったお笑いコンビだ。有吉弘行と森脇和成はアイドル的な存在となり帰国後に出したデビューシングル『白い雲のように』はミリオンセラーとなった。1997年には同曲で第39回日本レコード大賞・新人賞を受賞している。

その後もCDを出して活動するが猿岩石は2004年に解散する。「地獄から這い上がってきた男」として再ブレイクした有吉弘行も今では貫禄さえ漂う売れっ子芸人だ。10月23日の『マツコ&有吉の怒り新党』では有吉が珍しく猿岩石時代のエピソードを語った。

猿岩石のヒット曲『白い雲のように』を歌手の安藤裕子が歌って炭酸飲料のCMに起用されているが、その件について有吉は「カバーされてうれしかったね」と照れ笑いしていた。彼も猿岩石時代に渡辺美里の『My Revolution』をカバーした経験があるのだ。

渡辺美里が1986年1月に『My Revolution』をリリースすると、オリコンシングルチャート第1位を獲得する大ヒットとなり、その後も彼女の代表曲として歌われている。猿岩石が10枚目のシングルとして同曲をカバーしたのは1999年1月1日だった。オリコンチャートも71位にとどまり、すでに下り坂だった彼らにとって最後のシングルとなる。

当時の記事を読む

有吉弘行のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「有吉弘行」に関する記事

「有吉弘行」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「有吉弘行」の記事

次に読みたい「有吉弘行」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク