『あまちゃん』での“夏ばっぱ”。39歳での映画『お葬式』初主演。宮本信子が語った女優人生。

宮本信子NHKの情報番組に出演し、“夏ばっぱ”役を演じた朝の連続テレビ小説あまちゃん』の舞台裏や自身の半生について語った。『あまちゃん』のヒロイン役だった能年玲奈が「宮本さんのような女優になりたいと思っているが、今はまだ100年早い」と表現するほど圧倒的な演技力の宮本だが、その女優人生は必ずしも順調なものではなかったという。

女優の宮本信子が10月23日放送の『ゆうどきネットワーク』(NHK)のトークコーナー“人生ドラマチック”にゲストとして出演した。冒頭で司会者から「この1週間であったドラマチックな出来事は?」と聞かれた宮本は、『あまちゃん』が「東京ドラマアウォード」でグランプリを獲得したことを挙げ、こんなにうれしいことはないとその喜びを口にした。

その『あまちゃん』で脚本を務めた宮藤官九郎が、コーナー終盤にVTRゲストとして登場。ドラマ中の合同結婚式での宮本のスピーチに触れ、「オレ、こんなセリフ書いたかなと思って読み返すほどだった」と振り返り、「演技でオレの足りない言葉を足してくれたんだなと思った」とその演技力を讃えるコメントを寄せた。

そんな宮本の女優人生は順風満帆なものではなかった。デビュー当初は目立たない役が多かったそうだが、彼女の女優としての才能を伊丹十三はいち早く見抜いていた。出会いから4年で伊丹と結婚し、2人の子供にも恵まれた宮本だったが“休んでいるつもりがないのに仕事が来ない”と女優を続けていくことに不安を感じていたという。そんな彼女を励ましたのが、伊丹の「女優を辞めるのはもったいない。あなたには才能がある」という言葉だった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「あまちゃん」に関する記事

「あまちゃん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「あまちゃん」の記事

次に読みたい「あまちゃん」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク